結婚指輪を賢く選ぶ

結婚指輪は本物の質の高いものを選ぶべきです。しかしだからといって低価格の結婚指輪が悪いわけではありません。結婚指輪は一生使えるものが理想です。そのために、質の良いものを選ぶことは当然のこと。例えばメッキのおもちゃのような指輪を選ぶことは、絶対に避けるべきと言えるでしょう。しかしだからといって、高価なものがいいと、無理してでも高い物を購入する必要があるのでしょうか。

もちろん結婚指輪は二人の愛の誓いの証ということで、「そんなことでケチるなんて」と思う人もいるかも知れません。しかし、質が良くても素材などを工夫すれば、素敵な結婚指輪が低価格で購入することもできるのです。日本人は冠婚葬祭に対しては、お金に糸目を付けないという感覚を持っているのではないでしょうか。しかし良いものを工夫して低価格で購入することは決してケチではないはず。二人で上手に人生を乗り越えるためには、上手な買い物も大切です。低価格でもデザイン性に富んだ魅力ある結婚指輪もあります。無駄遣いをせずに上手に良いものを購入し、これからの人生を賢く乗り切って行けることこそ素敵な夫婦ではないでしょうか。その一歩として、低価格で高品質の結婚指輪を選ぶこともおすすめです。

低価格でも魅力的

結婚指輪の相場は20万~25万円とも言われています。結婚指輪こそ毎日付けているものだから質の高い、デザイン性の高いものを選びたいという人が増えていることも事実です。しかし結婚指輪はオーソドックスなリングがいいという人や、出来るだけ安く済ませたいという人もいるはず。そんな人たちにおすすめ、ペアリングで5万円以下でも揃えることもできるのです。もちろんずっと付けているものだからメッキなどは避けて、素材としてはプラチナやゴールドを使用したものがベスト。それでも素材を上手に選べば、低価格に結婚指輪を選ぶことができるのです。

結婚指輪を選ぼう
引用 [結婚指輪(マリッジリング)フェア情報|ガラ おかちまち 御徒町・銀座・新宿・横浜元町のブライダルジュエリー・ダイヤモンド

例えば素材を安くするには、いわゆる白金といわれる14金や10金を使用した結婚指輪がおすすめ。ずっと使っていても色は変わらず、メッキではないので剥がれるようなことはありません。白金は18金やプラチナに比べて価格も安く、見た感じはプラチナのように銀色をしており、銀のように黒くならず、強度もしっかりしているので変形の心配もありません。白金使用なら3~5万円でペアの結婚指輪が購入できます。ねじりなどのデザインや、小さなメレダイヤ埋め込みタイプなどでもこの価格なら納得です。相当豪華な高いデザイン性があるものでも、10万円程度で購入できます。これなら安く、素敵な結婚指輪が選べます。

結婚指輪の選び方

結婚指輪とは永遠の愛を誓いあった夫婦の証として、交換する重要な指輪です。特に毎日身に付けるものなので、二人の生活や好みなどにあったものを選びましょう。婚約指輪はあまり付けることがないという人も多く、逆に結婚指輪は毎日付けているので、お金をかけたかったという人もいるほどです。わたしたちはつい婚約指輪に予算を多くかけてしまい、結婚指輪にはあまり予算をかけないというイメージがあるようですが、実はもっと結婚指輪に予算をかけてもいいのかも知れませんね。

では結婚指輪を選ぶときには、どのようなことをポイントに選べばいいのでしょう。まず質の高いものを選ぶことが基本です。つまりメッキなどではなく、ずっと使い続けていても変色などのないプラチナやゴールドが人気です。そして最近は宝石が埋め込まれているタイプも増えていますが、宝石も本物を使用しているものがおすすめです。

デザインも二人の好みにあったものを選びましょう。特にぺアリングであっても、男性と女性では少しデザインが違うタイプが多くなっています。特に宝石などが使われているタイプは、男性には不向きだったりします。またカップルのどちらかが金属アレルギーを持っている場合には、チタンやステンレスなど、アレルギーにも対応した素材を使ったものにしましょう。サイズはぴったりに作らないと普段に付けているうちに落としてしまうことも。ただし朝は指もむくんで太くなり、夕方以降は逆に細くなるので、それらの差を考慮して購入しないと失敗してしまいます。